So-net無料ブログ作成

樽中生のための日本史5(小野妹子) [日本史学習]

1、豪族の生まれではありましたが、さほど有力な家柄では
  ありませんでした。

2、607年に聖徳太子から遣隋使に任じられ、国交を開く
  ために隋に行きました。

3、これは大国である隋とうまく交渉しなければならない
  大役でしたが、妹子は皇帝の怒りにも動ずることなく
  見事に聖徳太子の期待に応えたと言われています。

4、聖徳太子の国書は対等の立場の挨拶で、大国である
  隋の皇帝から見ると面白くないものでした。

5、帰国の際は隋の使者を連れてきました。




6、その使者が隋に帰る際に同行したのです。

7、その後も続いた遣隋使や遣唐使の端緒を開いた
  人物と言えましょう。


にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。